iPadでお絵描きするためにおすすめのアイテム5点

  • URLをコピーしました!

スポンサーリンク

こんにちは、トウコ(@at_tokotoko)です。

タブレット端末がこの世に出てからかなりの時が経ち、一般的なデジタルデバイスとして市民権を得てきましたね。
私もiPadが発売されてから何台かiPadを購入し、使用してきました。今はiPad Proを所有しています。
ただ、最初の頃はもっぱら動画再生機になってしまい、せっかく買ったApple Pencilが文鎮になってしまっていてもったいない時期もありました…。

たまに流れてくるツイートで「お絵かきはもっぱらiPadでやるようになった」とか「iPadだけで本を作った」とか、そんなことありえるのかな〜と半信半疑でした。

もくじ

iPadでお絵かきに挫折した理由

もともとiPadで絵を描くことには結構初期の頃からこだわっていて、Apple Pencilが出る前にはWacomのBamboo Stylusを始めいろんなスタイラスを試したりしてました。
ですが、ペン先と描かれる線のズレや書き味など、本格的に絵を描くには集中できず。
Apple Pencilを購入した時もあまり期待していませんでした。

そもそも、デジタルで絵を描くのはパソコンとペンタブレットを持っていたので、それで事足りていたのです。
ただ、パソコンに向かって作業するのって結構億劫というか、さあやるぞ!と気合を入れないと面倒くさいなと思うこともあり…。
なので、iPadで絵を描く様になった方々がおっしゃっている「どこでも絵を描けるようになった」という言葉に期待していました。

結果は「やっぱりiPadじゃ無理だな〜」でした。
「iPadなら横になって描いたり膝を立てて描いたりもできる!」というのが、私には無理だったのです。線がいい加減になってしまってきれいに描けなくて、それがストレスで描く気が失せてしまいました。

じゃあちゃんとした姿勢で描けば?と思うのですが、それだったらパソコンとペンタブでよくない?となってしまい…。

作業環境を整えてからiPadの便利さに気づきました

何がきっかけかは思い出せないのですが、「やっぱりiPadで絵を描きたいからちゃんと作業環境整えよう」と思いました。
パソコンとペンタブレットを使用する場合、パソコンとペンタブを置くスペース、ペンタブとパソコンの電源の確保とコードの取り回しなど、移動させるのは面倒なので自室でしかできないのですが、iPadなら一台だけでどこでも作業ができます。
これはやっぱりメリットです。

ただ、iPadとペンシルだけでは思うように作業ができないため、以下のアイテムを導入することにしました。

購入したアイテム
  • スタンド
  • グローブ
  • ペングリップ
  • 画面保護フィルム
  • 左手デバイス

これらを導入することで、作業は劇的に進むようになりました。
今ではずっとiPadで仕事までするようになり、数カ月はペンタブレットに触ってないです。

流石に寝転がって描くのは、私の性分かできないのですが、自室ではなく台所やこたつに向かって作業ができるだけで、なんというか自由度が上がりました。
移動もスタンド持って歩いていけばいいだけですし、本当にどこでも作業できてありがたいです。

¥19,077 (2024/04/11 01:51時点 | Amazon調べ)

iPadで絵を描くために購入したアイテム

以下に使っている道具を紹介しますね。

スタンド

いろんなブログを読んで、皆さんが絶賛しているスタンドを選ぶことにしました。
それがこのBoYataのタブレットスタンドです。
似たようなスタンドが並ぶ中、少々お高めでしたが購入してみました。
今ではこのスタンドにして本当に良かったと思います!
私はそこまで筆圧は強くないと思いますが、それでも絵を描くときに画面においた手に力を込めることもあります。そういう時に可動部分がゆるいと気が散ってしまうと思うのですが、このスタンドはかなり固く、全然動く気配がありません。
高さも角度も自由に動かせます。
床に直で座ってこたつで描く時と、テーブルに向かって椅子に座る時とでは、画面と目の高さが違うのですが、スタンドの高さを調節することで対応できます。

グローブ

ペンタブレットとは違い、iPadは指で触ると反応してしまうので、何も手につけないと誤操作してしまいます。
それと手に汗をかいていると画面と摩擦を起こして線を綺麗に引けないので、ペンタブレットの時もグローブを付けていましたが、iPadでも同じようなグローブを購入しました。
特にメーカーはこだわっていないです。小指と薬指だけのものを使用しています。

ペングリップ

これもツイートかブログかを見て、買いました。
Apple Pencilは第2世代を使っているので、充電する時にちゃんとiPadの側面に張り付くものが良く、ペンシルの側面をとんとんとタッチする機能も使えるものがいいなと思い、選びました。
安くて持ち方も矯正できていいです。ちゃんと側面に張り付くので充電できます。

※追記(2022年3月17日)買い替えました!

画面保護フィルム

ペーパーライクフィルムを購入される方が多いのですが、私は実はペーパーライクはなんか使いづらくて(たぶんペンタブで使ってこなかったので慣れてしまったのだと思う)、つるつるのものを使用しています。
特にメーカーにこだわりはないです。
アンチグレアは色味が変わってしまうかなと思うので、普通のを使用しています。

左手デバイス

左手デバイスは、これまたツイートやブログを参考にして8bit zeroを使用していたのですが、十字キーに設定した時に上を押したつもりが右も押されていたみたいなことが結構起こって困っていました。(ゲーム用だから斜めが効いちゃうのかな?)
今はiCleverのテンキーにシールを貼って使っています。
どうやらセリアでボタンにピッタリサイズのツールアイコンが描かれたシールが売っているらしく、いつか欲しいな〜と思っています。

絵を描くフットワークが軽くなった!

部屋に行って…パソコンつけて…椅子に座って…机に向かって…という面倒臭さと向き合う覚悟がかなり軽くなって、思いついたらすぐに描き始めることができるiPadは本当にありがたいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ